不動産売買/賃貸物件/香川県/高松市/西日本不動産 株式会社 | 2×4工法

住宅部<新築>

耐震性・耐火性・機密性・断熱性に優れた合理的な工法です!

2×4

 2×4(ツーバイフォー)とは住宅工法の名前です。アメリカで開発された工法で合理的な生産性と堅牢さが特徴です。日本の伝統工法は木造軸組工法(在来工法)といわれ柱や梁など点と線で組み立てられます。同じ木造建築でも2×4工法は面で組み立てられます。この面構造が2×4の優れた特徴でもあります。

 2×4工法は壁や床など面で構成されているため耐震性・耐火性・気密性・断熱性など居住性能に優れた工法です。日本では木造住宅のシェアが40%にまで減少しています。しかし、2×4工法が開発されたアメリカの住宅の80%近くが2×4による木造住宅です。

 この度、法改正により木造では2×4工法に限り4階建てが可能になりました。これは、2×4工法の優れた強度と耐火性が認められたことを表しています。それでは2×4工法の特長である耐震性、耐火性、機密性、断熱性を個別にご説明します。

特長 耐震性・耐風性

 2×4工法は数ある建築工法の中でも優れた耐震性・耐風性を持っています。壁・床・天井が6面一体となっているので揺れを面全体で受けとめ、分散・吸収します。地震の揺れだけでなく、台風による強風にも優れた強度を発揮します。軸組工法では柱や梁など、点状に力が集中し強い風や揺れを受けた場合、倒壊の恐れもあります。これは木造だけでなく、鉄骨の軸組工法にも共通します。この度、2×4工法の強度が認められ4階建ての施工も認可されました。

耐火性

 木は火に強いというイメージがあります。木に火がついた場合、表面が炭化し、それ以上延焼しにくい構造になっているのです。鉄骨は熱を加えると柔らかくなり強度が極端に下がってしまいます。つまり木は鉄より強いといえるのです。2×4工法ではすべての天井や壁の室内部に厚さ12.5mm以上の石膏ボードが使用されています。石膏ボードには結晶水が含まれています。炎に触れても水蒸気を放出し発火までの時間を大きく遅らせることができます。このような優れた耐火性は火災保険や住宅金融公庫でも高く評価されています。例をあげると火災保険の利率は木造の1に対し、2×4は0.47となっています。

防湿性

 湿気から守ることが、木造住宅の耐久性を高めるポイントになります。2×4工法では地盤面に防湿シートを敷き、地盤面からの水蒸気を絶ちます。土台には防腐・防蟻処理を施した木材を使用するなどして耐久性を高めています。当社が使用している『ダイライト』防湿性にも非常に優れております。このように何重にも防湿対策を施すことにより、家の耐久性は向上し長く住みよい家をつくることができるのです。
 日本では住宅の耐用年数は30年と言われています。しかし、2×4工法発祥の地アメリカでは住宅耐用年数が60年とも言われています。これはアメリカでの2×4住宅のシェアが80%にもなるという事実を認めざるを得ません。

外観・インテリア

 2×4工法では、外観やインテリアは住む人の個性を大切にした空間を構成することができます。ライフスタイルの変化に合わせ増改築も可能です。また、地下室付きの住宅や、3階建ての住宅も可能です。

工程

工程

基礎

1)基礎工事

 2×4工法は数ある建築工法の中でも優れた耐震性・耐風性を持っています。壁・床・天井が6面一体となっているので揺れを面全体で受けとめ、分散・吸収します。地震の揺れだけでなく、台風による強風にも優れた強度を発揮します。軸組工法では柱や梁など、点状に力が集中し強い風や揺れを受けた場合、倒壊の恐れもあります。これは木造だけでなく、鉄骨の軸組工法にも共通します。この度、2×4工法の強度が認められ4階建ての施工も認可されました。 基礎工事

1階
1階床組

2)1階の床組をする
 コンクリートの基礎の上に、キソパッキンを等間隔に敷き、土台をボルトでしっかり連結します。その上に一定間隔で釘打ちされた床根太を組みます。土台と基礎の間に防湿フィルムが挿入されるのも2×4の特徴です。

1階床枠組

3)1階の床枠組みをつくる
 出来上がった1階の床根太の上に、構造用合板を張ります。これが1階部分の床枠組になるわけです。これは2×4独自のもので『プラットホーム』と呼びます。

枠組みパネル

4)枠組みした1階(パネル)を作る
 この工程も2×4独自の工程です。1階プラットホームで、1階の壁枠組材を釘打ちします。全体の壁を所定の位置に釘付けした後、壁の頭を構造用製材で繋ぎます。この工程を経て壁全体が一体化します。

 
2階
2階の床

5)1階の壁の上に2階の床を作る
 1階床枠組と同じように2階の床を1階の壁の上に組みます。2階の床根太には、全面に構造用合板を釘打ちします。こうして2階も1階と一体となったプラットホームがつくられます。

2階壁

6)2階壁(パネル)を作る
 1階壁と同様に2階を組みます。この段階では各壁は仮止めされています。

2階壁枠組

7)2階壁枠組みの完成
 2階壁枠組を4面とも立ててから、初めてそれぞれの壁を連結します。1階のときと同様、壁の頭を構造用製材でしっかり繋ぎあわせます。

小屋根

8)小屋根をし、屋根下地を張る
 まず、天井根太とたる木を2階壁枠組に取り付けます。このとき、たる木は屋根が吹き飛ばされないようにしっかり補強します。たる木の上に構造用合板を張って、屋根の下張りができます。屋根形状は様々で、その形状、勾配によって施工方法が異なります。同一形状でも施工方法を変えることは可能です。

内装・外装
内装・外装工事

9)内装・外装工事
 2×4工法は、壁や天井の室内側には全面石膏ボードを張ります。もちろん、断熱材もふんだんに使用します。開口部には、アルミサッシなどの枠付き建具をつけます。室内の仕上げは、下地材、石膏ボードに壁紙を貼り付けます。クロス張り、タイル貼り、塗装、カーペットなどで化粧を施します。同時に、システムキッチン、収納家具などの設備もつけることになります。

 
完成

10)完成
 ここまでくると、2×4住宅の構造体の工事の完成です。あとは、お好みや予算に合わせたインテリア、外観をお選びいただけます。インテリア、外観の工事が完成すると、世界で一つの家ができあがります。

完成